介護事業拡大に利用したいファクタリングの今後

介護保険事業は、経営母体が一部の例外を除いて原則として法人でなければならないために、徒手空拳で事業を興すのは一般的には大変です。


したがって、資金集めの仕方を工夫する必要があります。

YOMIURI ONLINEの情報サイトです。

いったん事業の認可がなされたら、利用者がいれば毎月介護給付金を受けとるようになりますから、そこから返済を行っていく流れは出来ます。
介護給付金から返済を行う条件でファクタリングの利用を行うケースは多いです。
しかしながら、介護保険制度の財政悪化により、利用者の自己負担を増やす方向で動いています。また、特別養護老人ホームへの入居要件を要介護1以上から3以上にするなど変更して、利用者をなるべく減らす方向で改正がなされました。



ファクタリングで資金を貸し出す側も、貸し出す先の事業者が経営が悪化する可能性を見越すでしょう。

役立つ介護給付金 ファクタリング情報探しに特化した総合サイトです。

たとえファクタリングで資金を貸し出したとしても、制度の変更などにより経営悪化で返済が行き詰まる可能性を当然考えます。そのため、新規で事業を興すことがこれから徐々に難しくなると予想する識者も現れています。

福祉では、小さな政府を目指していく中で徐々に財政負担が大きい部分を切り離すようになっていきました。

事業所における収益が悪化する要因の一つにもなっています。
貸し出す側が返済が見込めないと判断されれば、今後事業の拡大にファクタリングを利用することは難しくなるでしょう。


こうした可能性を考えた上で、利用を検討するときが来ています。